はるのあめ のちはれ

共依存からの回復☆そこには希望があった☆

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぞうさん

こないだテレビを見ていたら、地雷で片足をなくした象が出てきました。
やっぱり片足をなくすと、他の足に負担がかかって、
その重さに耐えきれず、体全体もおかしくなって、
やがて死にいたるらしいのです。

だから、義足を作ってあげようという人たちがいて、
それができるまでの話でした。

まだ子供のころに、前足が半分なくなって、
でもその姿は足がないとか、気づいてないみたいに無邪気。

もし気付いたとしても、私たちみたいに自己憐憫とかないんだろうな~。
この自己憐憫やらいろいろな負の感情は、きっと人間だけに与えられたもので、
他の動物はただ生きていて、事実は事実のまま受け入れるんだろうな~なんて思いました。

その「ただ生きる」という姿に何か心を打たれました。

そして私たちの自己憐憫も神に与えられたものだから、受け入れようと思えました。

必要だから与えられたものだし、自己憐憫も使いようによっては、
良い方向に生み出すこともできるし、
一見いらないものでも、すべて意味があるんだろうな~と思います。
って赤い本にも書いてありますし。


ぞうさんはちゃんと義足を作ってもらって、
しっかり歩いていました。

きっと「作ってくれてありがとう」とは思わないんだろうけど、
「なんか歩きやすいな~」くらい感じてるといいなと思いました。




スポンサーサイト
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 共依存へ
にほんブログ村にほんブログ村
FC2 Blog Ranking

| 思うこと | 2010-11-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。